米「宇宙軍」発足 トランプ氏「新たな章」

2019年8月30日 16時00分

29日、米ホワイトハウスで「宇宙軍」の発足式典に出席したトランプ大統領(左)=UPI・共同

 【ワシントン=共同】米軍で戦略軍やサイバー軍などに続く十一番目の統合軍となる「宇宙軍」が二十九日、発足した。トランプ大統領はホワイトハウスで開いた発足式典で「宇宙軍は次代の戦闘領域である宇宙で米国の死活的な国益を守る。米軍の新たな章を開くことになる」と述べた。
 中国やロシアは宇宙開発を加速させており、これに対抗する考えだ。トランプ氏は宇宙軍発足により「競争相手をはるかにしのぐことになる」と強調し「宇宙軍は米国の宇宙における優位な立場が揺るがないことを保証する」と語った。
 トランプ氏は二月、陸海空、海兵隊、沿岸警備隊に続く六番目の独立軍として宇宙軍の創設を指示した。この日の式典でも、独立軍としての宇宙軍について「すぐに」編成されると説明した。
 だが独立軍を編成することによる予算の増加、官僚機構の肥大化などが指摘され、国防総省内などでも反対論が根強いとされる。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧