上場企業の1割が業績下方修正 売上高3兆円消える

2020年4月30日 16時17分
 東京商工リサーチは30日、上場企業の約1割に当たる359社が29日時点で、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に業績予想を下方修正したと発表した。引き下げ額の合算は売上高が3兆1416億円、純利益は2兆3646億円に上った。
 4月下旬には日産自動車や三菱自動車、パナソニック、ANAホールディングス、日本航空などが相次いで下方修正を公表した。359社には2020年3月期などの業績予想を取り下げ、「未定」とした40社も含んでいる。
 また29日までに20年3月期決算を発表した163社のうち約7割が21年3月期の業績見込みを「未定」と説明したという。

関連キーワード

PR情報

経済の新着

記事一覧