ソフトバンクG、赤字9千億円に 20年3月期予想、異例の再修正

2020年4月30日 12時00分
 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

 ソフトバンクグループ(SBG)は30日、2020年3月期の連結純損益が9千億円の赤字(前期は1兆4111億円の黒字)になるとの見通しを発表した。13日に7500億円の赤字に転落する見通しを公表していたが、投資事業の損失が膨らんだ。新型コロナウイルス感染拡大も影響し、短期間で業績を大幅に下方修正する異例の事態となった。
 共有オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーなどへの投資による損失が前回予想の約8千億円から1兆円超に拡大すると見込んだ。赤字は05年3月期以来、15年ぶりで、過去最大の赤字額となる。

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧