爬虫類カフェ らぷとる

2020年5月27日 17時00分

オッサンズからの卒業を目指し、お笑いトリオ“東京03”が未知なる世界の扉を開く!

アラフィフのお笑いトリオ「東京03」のメンバーが、これまでのこだわりを捨て去り、新たな価値観に触れながら“立派な紳士”への道を目指す人気の連載!
未知なる世界を体験するため、東京03探検隊が新たな冒険の旅へと旅立ちます!
ペットを飼っていると初対面の人との会話のきっかけにもなり
芸能人ならお仕事のチャンスも増えるはず。
でも犬や猫といった当たり前の動物よりレアなペットを飼っていれば
テレビ業界からも注目され仕事の幅も広がり
最終的にはモテにつながるのではないか?
そんな下心丸見えの理由で、今回は爬虫類カフェ らぷとるさんにお邪魔し
今まで触れたことのなかった動物たちと触れ合ってきました!

オッサンズは爬虫類をペットにできるのか?

ということで新宿にある爬虫類カフェ らぷとるさんへ潜入。
スタッフからお店のシステムの説明を受けます。カフェなのでちゃんと飲み物も飲めます。
10分500円、1時間2000円でドリンク付き。餌やり体験、触れ合いは別料金です。
ということで、こういう時はやっぱり角田隊員ですよね!コーンスネークと触れ合ってもらいます。
<角田隊員>「や、やめろよ」とおなじみの光景が繰り広げられます。
<豊本隊員>「こうやってネクタイみたいにしてさ」
<角田隊員>「中尾彬さんかよ!」
豊本隊員は爬虫類との触れ合いも大丈夫な様子。
では飯塚隊員にも何かやってもらいましょう。サルバトールモニターへの餌やりに挑戦します。
お店のキャスト(動物さんたち)の中でも最大の部類で全長1m以上あります。ちなみのモニターとはオオトカゲのこと。
餌として与えるのは冷凍マウスを解凍したものです。トカゲよりもマウスにビビる飯塚隊員。
「パクっていった~」とトングから手に伝わる感触が忘れられない思い出になりました。
「緊張するしちょっと暑いし、のどが渇くね」とティータイムも満喫しました。爬虫類が生活しやすいようにお店の中は少し高めの温度設定になっています。

このように爬虫類や両生類と触れ合う時間を過ごした3人。
犬や猫のように鳴かないので静か、時間をかけると懐いてくれる場合もあるなど
ペットとしてのメリットに気付き、思っていたより爬虫類飼育のハードルが少し下がったようです。
少なくとも意中の女性が爬虫類をペットにしていると聞いても
「そうなんだ~意外にかわいいよね~」と言えるようになったのでは?
ということで爬虫類カフェ らぷとるさん、ありがとうございました!
爬虫類カフェ らぷとる
東京都新宿区歌舞伎町2-17-10 新宿小沼ビル202
※5月31日まで休業中
お店の開店日時はTwitterなどでご確認ください
爬虫類飼育に必要なものが通販で揃うレプティーマートも運営しています

※新型コロナウィルス感染症の影響で、掲載したお店や施設が臨時休業していたり、営業時間などが変更になっている場合がございますので、事前にご確認ください

関連キーワード

PR情報