ようこそ!マイホームタウン 麒麟・田村裕 × 五反田

2020年5月27日 17時00分

今月の街先案内人


今回のゲストは、人気お笑いコンビ麒麟の田村裕さん。大阪で生まれ育った田村さんが、東京での生活をスタートした街、五反田を案内してくれます。お笑い芸人からも人気の高いこの街の魅力を紹介します。

どことなく大阪の街並みを感じさせる五反田


 田村さんが仕事と生活の場を東京に移したのは、2008年のこと。関西の芸人にとって「東京進出」は大きな節目だ。
「売れてる先輩たちがみんな東京で仕事してるのを見てますから。東京進出したけれど、結局関西に戻らないといけない、みたいなことは避けたいですし。東京に行くタイミングについては相方と話し合って決めました」
 しかし田村さんが東京へ引っ越したのは、麒麟の相方である川島さんから数か月遅れてのことだった。
「東京へ行こうと二人で決めてから一週間後には、川島は引っ越し先を決めて来たんですよ。でもぼくはその時、無駄遣いばっかりしていてお金がなかったから。資金を貯めて川島の半年後に東京で生活を始めました」
 こうして五反田に引っ越してきた田村さん。東京の中でもなぜ五反田という街を選んだのだろうか。
「仕事で大阪にも帰りますから、新幹線のとまる品川駅に近いので便利というのはあります。都内のテレビ局にも行きやすい場所ですし。そのお陰か五反田にはけっこうたくさん芸人が住んでいるんですよ」
 芸人どうし飲みに行くこともあれば、同じボクシングジムに通い一緒に汗を流すこともあったそうだ。
「テレビの収録現場で、他の出演者さんに五反田に住んでるっていう話をすると、前に住んでいましたとか、今も住んでますって話がはずむことが多いんですよ。ビジネス街ですが、意外に芸能人も住んでいます。ビルが並んでいる合間に目黒川が流れているんですが、その街並みが大阪を思わせるところがあって、歩いているときにちょっと懐かしい気持ちになったりもしましたね」
 今年は残念ながらお花見はできなかったが、目黒川沿いの桜並木も、五反田に住んでいた頃の思い出として心に残っている、と語ってくれた。

大切なものに気が付いた五反田での新生活

 東京での新生活は順風満帆にスタートした、と思われるかもしれないが、実は少々変わった環境で始まったそうだ。
「兄と兄の友人が、東京でお店を出したいということで、リサーチなどをするために、五反田で一緒に暮らすことになりました。(後に結婚する)付き合っていた彼女も、転職というタイミングで一緒に生活することになって、五反田のマンションでは4人で暮らすことになりました」
 大阪での仕事も多く、週の半分は五反田の家には戻れなかったという田村さん。
「兄や友人の分の料理や洗濯も彼女にお願いしていたんですが、ある日彼女と二人だけで外食したことがありました。その帰り道にスイーツを買おうとお店で選んでいたんですが、彼女が『お兄さんたちの分はいいの?』って聞いてくれて。赤の他人のことも気遣ってくれる優しい人なんだなと分かって、その時に結婚を決意しました」
 と、東京での新生活は仕事だけでなくプライベートでも大切なものを与えてくれたようだ。

改めて感じているバスケットボールの魅力

 田村さんが今、夢中になっているのはバスケットボールだ。子どものころから好きだったこのスポーツに再び向き合うようになったのは「ホームレス中学生」のヒットからしばらくしてから・
「本が売れた後、その反動か仕事が少なくなった時期がありました。家にいてもやることがない。知り合いのお店でバイトしたこともあったのですが、顔バレしてしまって仕事にならない。時間があることだし何かやってみようと思い始めたのが、バスケットボールの観戦でした」
 女子プロバスケットボールクラブ「羽田ヴィッキーズ」の試合を見に行ったことから、このスポーツの面白さを再認識したそうだ。
「チーム5人の誰もが主役になれるスポーツって、他にはないです。実際に試合を見に行くと、コートにいる選手たちとの距離が近くて、息遣いまで聞こえてくる。バスケを観戦することの面白さ、魅力を世の中に知ってもらいたいなと思って、仕事でも関わるようになりました」
 自身のYouTubeチャンネルでは日本のプロチームの取材を積極的に行い、「バスケ芸人」と呼ばれるほど、今ではこのスポーツの世界になくてはならない存在だ。
「結婚したばかりなのに仕事がなくて、目黒川沿いをぶらぶら散歩して帰る、そんな日もありました」
 東京進出や結婚など人生の大きな節目を経験し、芸人として新たな道を見つけた街として、五反田は田村さんの心にずっと残っていくだろう。

◇五反田大図鑑 田村裕さんオススメスポット



1)目黒川沿道
見事な桜並木で知られる沿道。目黒川とJRの高架線が交差する付近の「五反田ふれあい水辺広場」など季節を問わず楽しめるスポットもある。


2)ミート矢澤 東京 五反田本店
精肉卸の直営のステーキ・ハンバーグ専門店。「五反田に住んでいたころ、後輩が遊びに来るとよく一緒に行ったのがこのお店です」。
東京都品川区西五反田2-15-13 ニューハイツ西五反田 1F 03-5436-2914

※新型コロナウィルス感染症の影響で、掲載したお店や施設が臨時休業していたり、営業時間などが変更になっている場合がございますので、事前にご確認ください

◇麒麟・田村裕さんのサイン入り色紙を1名様にプレゼント

応募はこちらのページから。
締め切りは2020年6月24日(火)まで。
なお、当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。






◇PROFILE
田村 裕(麒麟) 1979年9月3日生まれ。1999年に川島明とお笑いコンビ麒麟を結成。2001年にM-1グランプリの決勝に進出し注目を集める。2007年に自身の貧乏だった幼いころのエピソードをまとめた書籍「ホームレス中学生」を出版し200万部を超えるベストセラーとなる。現在は、「探偵ナイトスクープ」に探偵局員として出演中のほか、YouTubeチャンネル「麒麟・田村のバスケでバババーン!」を開設するなど、バスケットボール関連のコンテンツでも活動している。
■Twitter @hiroshi93
■YouTubeチャンネル 麒麟・田村のバスケでバババーン!

PR情報

東京新聞ほっとWebの新着

記事一覧