<新型コロナ>川場の永井酒造、消毒用に高濃度アルコール

2020年5月29日 07時49分

永井酒造が販売している消毒用アルコール(永井酒造提供)

 川場村で日本酒「谷川岳」「水芭蕉(みずばしょう)」などを製造している永井酒造は、手指消毒用の高濃度アルコール「谷川岳アルコール77%」=写真=の販売を医療・福祉・介護関係者向けに始めた。
 新型コロナウイルスのためアルコール消毒液が品薄となる中、醸造用アルコールを代用品とすることが認められたため、県内で初めて消毒用高濃度アルコールの生産を始めた。300ミリリットル入りで1本670円(税別)。ラベルに「77%」「飲用不可」と明記した。同社は手始めとして地元の沼田利根医師会、沼田利根歯科医師会に計1560本を寄贈した。 (渡辺隆治)

関連キーワード


おすすめ情報