東京、6月1日から休業緩和の第2段階 映画館や商業施設対象

2020年5月29日 14時05分
 新型コロナウイルス感染症対策に伴う事業者への休業要請を巡り、東京都は二十九日、六月一日午前零時から要請緩和の第二段階「ステップ2」に移行する方針を決め、都議会に提示した。映画館やほぼすべての商業施設などが対象となる。 (小倉貞俊)
 都は休業要請の解除に向けたロードマップ(行程表)で三段階の緩和方針を示しており、二十六日に移行した「ステップ1」では、博物館や図書館などへの休業要請が緩和された。
 「ステップ2」では、ほぼすべての商業施設や各種教室、劇場、映画館、スポーツジム、展示場、ホテル・旅館の宴会場などが緩和対象になる。イベントは屋外なら二百人まで、屋内は百人規模まで可能となる。
 都内の感染者数は一時は一桁が続くなど減少傾向にあったが、二十八日までの三日連続で十人以上を記録し、増加の兆しがみられている。
 ただ、関係者によると、二十八日夜に開かれた都の専門家会議で、最近は海外からの帰国者や入国者による感染拡大傾向がみられないことや、医療体制が確保されていること、経済への影響を考慮する必要があるなどの見解が出て、ステップ2への移行を決めたという。

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧