新型ウイルスと日本 「休めない」社会の転換を 中島岳志

2020年2月26日 02時00分
 二〇一六年秋、エスエス製薬の風邪薬「エスタックイブファインEX」のCMが問題になった。ここで使われたキャッチコピーは「風邪でも、絶対に休めないあなたへ」。小説家・似鳥鶏(にたどりけい)がこのコピーに対して「ほんとやめてください」とツイート(16年11月4日)し、批判が拡大した。似鳥曰(いわ)く「風邪薬で一時的に症状を抑えてもウィルスは周囲にバラ撒(ま)いてます。風邪をひいた人は休むべきなのです。病気を流行(はや)らせ周囲に迷惑をかける行為をCMで勧めないでください」。
 今回の新型コロナウイルス拡大に際して、「休めないあなたに」という四コマ漫画がツイッター上に投稿(20年1月28日)され話題になっている。作者は漫画家・ねんまつたろう。体調の悪い人に対して、風邪薬や目薬、栄養ドリンクが次々にすすめられ、最後は「さっさと休ませろ!」という一コマで終わる。
 二月十三日に新型コロナウイルスへの感染が確認された千葉の二十代男性は、発熱があってからも都内へ電車通勤していたことが明らかになっている。彼が無理を押して出勤した理由は定かではないが、体調を崩してまでも休まなかった(休めなかった)ことの背景には、現代日本特有の要因があるだろう。
 厚労省はHPに「新型コロナウイルスに関するQ&A」(企業の方向け)を公開しているが、その中で「労働者が新型コロナウイルスに感染したため休業させる場合、休業手当はどのようにすべきですか」という問いに対して、「一般的には『使用者の責に帰すべき事由による休業』に該当しないと考えられますので、休業手当を支払う必要はありません」と答えている。ウイルス感染で休んでも、休業補償の対象とはならないという見解を、政府が示しているのだ。
 この「休めない」という日本の労働環境、制度、慣習がウイルス拡大につながっている可能性が指摘されている。
 神戸大大学院医学研究科感染症内科教授の岩田健太郎は、自らのブログに「COVIDと対峙(たいじ)するために日本社会が変わるべきこと」と題した文章を投稿(2月16日)しているが、そこで「感染症の広がりはウイルスだけが決めるのではありません。社会や個人の振る舞いも大きく影響するのです」と訴えている。
 今回の新型ウイルスの特徴は「発症初期が軽症である」ことにある。そのため、初期段階においては受診動機が小さく、「発症から受診までの時間が長くなりやすい」。日本人は風邪症状ぐらいでは休まない。よって、「このウイルスは日本の社会でこそ広がりやすいウイルスなのかもしれない」。
 岩田は、「体調を崩したら家で休む」ことを促す。そして、それを社会が許容することが重要だと訴える。「今やるべきは日本社会固有のエートス(倫理規範=本紙注)と立ち向かい、これを乗り越えることです」
 安倍政権では、働き方改革が推進されてきたが、休むことが正当に認められ、給与などが保障されるところまでには至っていない。職場リスクの軽減のためにも、在宅勤務などの柔軟な勤務が認められるべきだ。そのために国と企業が連携して、これまでの慣行を是正しなければならないが、動きは鈍い。
 さらに、安倍内閣の問題は、「森友・加計学園をめぐる疑惑」「日報隠ぺい」「桜を見る会をめぐる疑惑」などを通じて、政府が発信する情報への信頼低下を招いた点にある。文書の隠ぺいや改ざんが明らかになる度に、国民は政府への信頼を失い、「また何か隠しているのではないか」と疑心暗鬼になっている。
 ウイルス拡大と同時進行したのが、安倍首相の桜を見る会に関する答弁だった。一月二十八日の衆院予算委で、宮本徹議員(共産党)が首相に対して、地元事務所が参加者を「幅広く募っている、募集していることをいつから知っていたのか」と質問したのに対し、「私は幅広く募っているという認識でした。募集しているという認識ではなかった」と答えた。
 このような言い逃れやごまかしの連続が、危機対応に際して、大きな足かせとなる。首相の言葉への信頼を喪失した状況では、パニックや混乱が生じてもおかしくない。
 政府のあり方、そして日本のあり方が問われている。
 (なかじま・たけし=東京工業大教授)

関連キーワード

PR情報

論壇時評の新着

記事一覧