<新型コロナ>多摩動物公園 再開  ようやく会えたね

2020年6月5日 07時07分

アムールトラを撮影する来園者=いずれも日野市で

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、臨時休園していた多摩動物公園(日野市)は四日、緊急事態宣言の解除を受けて再開した。三月二十八日に休園して二カ月余。感染対策のため、コアラなどの屋内展示施設は見学できないが、家族連れら大勢が訪れ、青空の下で動物との再会を楽しんだ。 (服部展和)

インドサイを眺める来園者

 午前十時の開門時、正門前には約二百五十人が二メートルの間隔を空けて列をつくった。午前八時五十分に一番乗りしたのは、月に二、三回は来園していたという多摩市のパート加藤育子さん(41)。休園中の五月に雌のコアラ「ニーナ」が死んだことを知り、献花に訪れた。「コアラ館は休止中だけれど、近くにお供えしたい。天国で安らかに眠ってほしい」と話した。
 立川市の会社員益田潤一さん(35)は「土、日曜は混みそうなので」と有給休暇を取って来園した。オランウータンが好きで、毎週訪れていたほどのファン。「オランウータンは人間を観察するので、休園中は寂しかったかも」と再会を喜んだ。雌のアムールトラ「イチ」にカメラを向けていた町田市の専門学校生の女性(20)は「ようやく会えた。これからも通いたい」とシャッターを切っていた。
 渡部浩文園長は、来園者にマスク着用など感染防止の協力を求めたうえで、「動物に会うのを楽しみにしている人たちの期待に応えたい」と話した。
 開園時間は当面、午前十時〜午後四時(入園は午後三時まで)に短縮。イベントなどは休止する。問い合わせは同園=電042(591)1611=へ。

正門前で間隔を空けて列をつくり、開園を待つ人たち


関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧