<東海第二再稼働 なるか県民投票>県議会審議をネットで解説 きょう市民団体が催し

2020年6月8日 07時28分

 日本原子力発電東海第二原発(東海村)の再稼働の賛否を問う県民投票条例案は、八日に開会する県議会で審議が始まる。条例制定を直接請求した「いばらき原発県民投票の会」はこの日、インターネット上で議会審議を解説し、視聴者と意見交換するイベント「オンラインで見よう!話そう!茨城県議会」を開く。
 イベントは正午から午後二時半ごろまで、動画配信サイト「ユーチューブ」とオンライン会議アプリ「Zoom」を通して開催。午後一時から二時ごろまでの本会議では、大井川和彦知事による条例案提出理由の説明と、県民投票の会の徳田太郎共同代表による意見陳述があり、その間は各自で議会のネット中継を見てもらう。陳述を終えた徳田さんも、現地からイベントに加わる。
 意見交換への参加には、事前登録が必要。参加フォーム=https://forms.gle/j7t3TUJyZzeV8oo5A=から申し込む。
 県議会は、十八日に開かれる防災環境産業委員会と総務企画委員会の「連合審査会」での参考人質疑などを経て、二十三日の本会議で条例案を採決予定。いずれの会議もネット中継される。県民投票の会はこの両日にも、オンラインのイベントを予定している。(宮尾幹成)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧