中国、コロナの自国対応を絶賛 「防衛戦で決定的成果」白書を公表

2020年6月8日 07時40分
 【北京=中沢穣】中国政府は七日、新型コロナウイルスへの対応をまとめた初めての白書を公表した。「中国は苦しい努力を経て、巨大な対価と犠牲を払った結果、人民の生命、安全、健康を維持し、地域と世界の公共衛生のために重要な貢献をした」と自賛した。
 白書によると、五月三十一日時点で八万三千十七人の感染が確認され、四千六百三十四人が死亡した。死亡率は5・6%だった。習近平(しゅうきんぺい)国家主席の指揮のもとで果断な決定を行ったと強調し、「一カ月強でウイルスまん延の勢いをおさえ、三カ月前後で武漢、湖北防衛戦で決定的な成果を収めた」と指摘した。
 発生源については新たな情報は公開されなかった。また、中国への批判を強める米国を念頭に、「責任を押しつけ、中国に汚名を着せることに断固として反対する」と訴えた。

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧