ようこそ!マイホームタウン ふかわりょう × 三宿

2018年6月27日 09時00分

今月の街先案内人

今回のゲストはお笑いタレントのふかわりょうさん。ROCKETMAN名義でミュージシャンとしても活躍しているふかわさんにとって馴染みのエリア"三宿"にて、街の魅力やお仕事について語っていただきました。オススメスポットもご紹介します!

僕の笑いは、世の中のユーモアな部分を引き出すこと。

 お笑いタレントであり、エッセイスト、ミュージシャン、司会者と様々な肩書で活躍されているふかわりょうさん。今回は、ふかわさんにとって一度は諦めた夢を実現するきっかけとなった街"三宿"で、お話を伺いました。

インタビュー場所は、「三宿Web」というクラブ。ここでは月イチでふかわさんもレギュラーを持たれている。

そもそも、この業界を目指したきっかけは何だったのでしょうか?
「高校時代、進路を決める段階で将来を見据えて考えました。一生向き合える仕事をしたいと思い、 その時、頭角を現したのが"お笑い"と"音楽"だったんです。
 音楽は趣味としても十分楽しめるので、仕事としてお笑いを目指すようになりました。とはいえ、僕はもともとクラスで自発的にボケて笑いを取るタイプではなく、人物やモノのユニークな部分を引き出すというスタイルだったんです。」

"お笑い"と"音楽"は、どれだけ歳を重ねても向き合えるから、仕事にするには理想的なのだと語るふかわさん。

一度はあきらめた音楽に再び向き合ったきっかけは何だったのですか?
「それは、このインタビュー場所にあります。いまから20年前かな?当時、ここでピチカートファイブの小西さんがDJをしていて、そこからROCKETMANのプロジェクトが動き出すのですが、アルバム制作の過程で、小西さんと接するうちに、閉じ込めていた音楽への気持ちが、湧き出しちゃったのです。恐らく、ずっと心の奥で燻っていたんだと思うんですよ。それが表面化したのが、25才の時。」

いろいろ過多になりがちだから、心がけているのは"引き算"をするということ。

20年以上も三宿に通い続けているため、すでにふかわさんの生活サイクルにまで影響を与える街なのだそう。

様々なジャンルで活躍されていますが、どのときの自分が一番"自分らしい"と感じますか?
「確かにいろいろやらせていただいているんですけど、それは枝葉が伸びているだけで、根っこの部分はあくまで一つなんです。
 リラックスしてやれるジャンルや、仕事モードで向き合う分野というものがあるのではなくて、あくまでその日、その時の体調や現場の雰囲気によるんだと思います。同じ番組の収録であっても、リラックスしてやれるときもあれば、すごい集中したり緊張しているときもありますから。
 ただ、どのお仕事に関しても、常に意識しているのはうまく"引き算"を行うということ。

駅やランドマークとなる建物も存在しないのが、"三宿"の最大の魅力なのだと語るふかわさん。

 僕らの業界では、情報を含め何でも過多になりがちなんです。例えば自分の出番がきたら、たくさんコメントしたいと思いますよね。でもたくさんしゃべると、結局何を伝えたいのかが薄れてしまう。だからできるだけ削ぎ落とすことが大切だと思っています。でも、やりすぎると今度は言葉足らずで、誤解を与えてしまうこともあるため、そのバランスが難しいんです。」

都心でありながら緑も豊富な三宿。「散歩するだけでも楽しめるというのが、大きなポイントなんです。」

今後の展望や目標のようなものがあったら、教えていただけますか?
「言葉としてはあまりよくないんですけど、程よく諦めながら進んでいきたいですね。
 仕事に関しては、いろいろともがくことをやめたら、不思議と浮力のようなものが働いてきたように感じるんです。だから、下手に抗うことなくプカプカと浮かんでいる状態でいられたらいいのかな?なんて思います。よくいえば"気負わず自然体でいる"ということ。
 でも、かつてラジオで僕の全てをぶつけられる「ROCKETMAN SHOW!!」という番組があったんです。これはお笑いに関しても音楽にしても、自分の考えや気持ちといったもの全てをさらけ出せる場所でした。
 夜中の1時から朝5時までの番組なのに、夕方の6時くらいから選曲したり、メールを選んだりと、本気で準備していたから、肝心の本番が始まるころにはヘロヘロだったりして(笑)。そういう自分の全てをぶつけられる場所を、もう一度持てたら嬉しいなぁと思います。」

通りには、程よくお洒落な雰囲気のお店が多く、カフェで一休みしたいときにも最適な街なのだそう。

駅の力に頼らず、純粋に人の力で築かれた街。わざわざ通う価値がある!

ふかわりょうさんにとって、「三宿」とはどんな存在なのでしょうか?
「僕にとって、仕事と日常を繋ぐ中継地点のような場所なんです。ここでは月に1回クラブでライブをしているし、スタジオやお気に入りのお店もある。ここに毎月通っていることで、自分をリセットできるというか、メンテナンスされている気分になるんですよね。
 そもそも、このエリアはいわゆる駅前ではないので、他の街に比べると独特な雰囲気があると思うんです。駅の力ではなく、純粋に人の力でできた街というのかな? 派手過ぎず、地味過ぎない。大人な街というイメージですよね。
 駅から程よく離れているので、来るべき人が来ているというのかな。そもそも、呼ばれなきゃ来ないエリアでしょ? だから、ラジオで言ったらプリセットに入っていなくて、いちいち周波数を合わせないと聞けない局みたいな存在なんですよ。つまり渋谷や新宿といった繁華街にありがちな、いわゆる"やっかいな大人"がいない!お洒落なお店も多いし、音楽もお酒も安心して楽しめる街だと思います。
 是非一度、この街を体感してみてください。」
写真:ボクダ茂

◇三宿図鑑 ふかわさんオススメスポット

1)さんぞう
馬刺し食いたきゃさんぞうへ。焼酎呑みたきゃさんぞうへ。美味・美酒を揃えて、熊本生まれの気さくな店主がお待ちしています。僕も足繁く通っているお気に入りスポットです。
東京都世田谷区三宿1-13-2 03-3414-0023 17:00〜26:00 LO25:30
■関連リンク https://www.facebook.com/sanzo33/
2)グラニー・スミス
差し入れどうしよう?なんてときは間違いありません!ここのアップルパイをホールで届ければ、現場の空気もあがります。りんごひんやり、気分最高!ぜひ、珈琲とともに。
東京都世田谷区下馬1-64-10 03-6805-3353 10:00〜20:00
■関連リンク https://grannysmith-pie.com/
3)世田谷公園
入ってみると、まずその大きさにびっくり!噴水があったり、各種スポーツ施設をはじめプールやプレーパークを併設した公園でファミリー層に大人気です。緑に囲まれてランチを楽しむサラリーマンの憩いの場としても大活躍!
東京都世田谷区池尻1-5-27
4)三宿Web
三宿ならではのアンダーグラウンドな老舗クラブ。かれこれ18年レギュラーやっています。一人で来ても、安心して美味しいお酒を飲めます、踊れます。
東京都世田谷区池尻3-30-10 B1 03-3422-1405
■関連リンク http://www.m-web.tv/

◇INFOMATION
ロケットマンデラックス

ホームグラウンドの三宿Webで毎月開催!
全面禁煙で、純粋に音楽を楽しめる健全なハウスライブ⁉
ーDJー
ROCKETMAN
坂井壱郎
DJ NASSUN (NA-3LDK)
DJ Hiro (NA-3LDK)
¥2,000 (1D) OPEN/23:00

◇PROFILE
ふかわりょう 1974年8月19日生まれ。神奈川県出身。
慶應義塾大学在学中にデビューを果たし、シュールな笑いで人気を博す。現在はお笑いタレントのみならず、ryo fukawa及びROCKETMAN名義でミュージシャン、DJとしても活動。更にはエッセイストとしての執筆活動のほか、番組司会者など、さらに活躍の場を広げている。
ふかわりょうオフィシャルサイト HappyNote
■レギュラー
TOKYO MX「5時に夢中!」毎週 月曜~木曜 17:00~18:00
NHK-FM「きらクラ!」毎週日曜 14:00~15:55
TBS「ひるおび!」隔週木曜 10:25~13:50
AbemaTV「AbemaPrime」毎週木曜 21:00~23:00
東京新聞 朝刊 連載コラム「風向計」隔週土曜
telling, 連載コラム「プリズム」隔週金曜

おすすめ情報

ようこそ!マイホームタウンの新着

記事一覧