全球団でPCR検査 プロ野球、開幕前に 全選手、スタッフ、審判も

2020年6月9日 06時30分

巨人・坂本

 プロ野球の臨時12球団代表者会議が8日、オンラインで開かれ、全選手を対象に新型コロナウイルスへの感染の有無を調べるPCR検査を定期的に実施していくことを決めた。19日の開幕前に最初の検査を行うといい、斉藤惇コミッショナーは「安全な試合開催に向け、しっかり準備したい」と語った。
 監督、コーチ、スタッフも対象。開幕後は月に1度のペースで続けていくという。検体に唾液を用いる方法を採用し、民間の検査機関に依頼する予定。陽性が判明した場合は、隔離後の再検査で陰性が2度確認されるまで復帰を認めないなどの措置を取る。
 検査の費用は各球団が負担する。審判員も検査の対象とし、費用は管轄する日本野球機構(NPB)が受け持つ。
 これまではPCR検査ができる施設の態勢が逼迫(ひっぱく)し、球界全体での検査は「難しい」との見解を示してきた。ただ、今回の会議に先立って開かれたJリーグとの「新型コロナウイルス対策連絡会議」で、感染症の専門家チームから事態に収束傾向が見られ「(検査機関に)余裕が出てきた」との助言を受け、球界を挙げた検査実施にかじを切った。
 一方、感染歴を調べる抗体検査の導入は、現時点では否定。一部球団では取り入れており、巨人では坂本勇人、大城卓三の陽性が判明した。斉藤コミッショナーは「いまの段階で抗体検査を完全に肯定している国はない」と指摘した上で「保険が適用されたり、信ぴょう性が確立されれば(PCR検査との)併用も一つの手」との考えも示した。 (対比地貴浩)
【関連記事】無観客開催、過半数が支持 早大調査

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧