教職員の言動588人「不快」 19年度セクハラ調査 前年度から164人増

2020年6月11日 07時12分

 県内の公立小中高校と特別支援学校の児童生徒のうち、五百八十八人が教職員から受けた言動について「セクハラ(性的嫌がらせ)と感じて不快だった」と回答したことが、県教育委員会の二〇一九年度のアンケート結果で分かった。前年度より百六十四人増え、現場でセクハラ防止の意識が浸透していないことが浮き彫りとなった。
 不快に感じた内容について、複数回答で最も多かったのが「必要以上に体を触られた」で二百十三人、「性的な話、冗談を言われた」が百一人、「みんなの前で容姿を話題にされた」が九十二人。高校生の一人は「性的な関係を求められた」と回答した。具体的な行為として「部活動の大会で男性顧問が女子更衣室に入ってきた」「(教員から)身体をなでるように見られる」といった回答があった。
 アンケートの対象は、千葉市立学校と県内の市立高校を除く千百五十一校の児童生徒約四十六万人。セクハラを感じた五百八十八人のうち、高校生が二百九人、中学生が二百七十六人、小学生が九十六人、特別支援学校は七人。男女別では、男子が百九十四人、女子が三百九十四人だった。
 一方、高校と特別支援学校の教職員一万一千六百人への調査では、九十一人が教職員らとのやりとりでセクハラを感じたと発表。前年度より三人減った。(中谷秀樹)

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧