<新型コロナ>県立校、部活動も15日再開 対外試合などは8月1日以降に

2020年6月12日 07時29分

 県教育委員会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて停止していた県立学校の部活動について、通常登校が始まる十五日に再開する方針を決め、各県立学校に通知した。
 県教委は各学校に対し、換気や更衣室などでの密集防止の徹底に留意するよう呼び掛けている。平日は午後四時半までに完全下校させ、毎週土日祝日のうち一日以上は休養日とする。対外試合や県外遠征、演奏会は八月一日以降に可能となる。
 また方針では、運動系の部活動は、最初の二週間ほどは基礎体力の回復などに努める。運動中のマスク着用は必要としないが、当面の間は柔道の寝技など、身体が接触する練習や大声を出すことは避ける。
 文化系の部活動でも、合奏や集団での演技、至近距離での発声は控える。県教委の担当者は「すぐに部活動をやりたい気持ちはあると思うが、三カ月以上の期間が空いている。感染予防をしながら少しずつ体を慣らしてほしい」と話す。(太田理英子)

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧