関電旧経営陣の提訴、15日決定 金品受領問題、概要も公表へ

2020年6月14日 15時20分 (共同通信)
 大阪市の関西電力本店

 大阪市の関西電力本店

  •  大阪市の関西電力本店
 関西電力は15日、金品受領問題を巡り八木誠前会長ら旧経営陣に損害賠償を求める訴訟を起こすことを決める。同日開く臨時監査役会で提訴対象者や賠償請求額を決め、概要を公表する見通し。
 関電は個人株主の提訴請求を受け、4人の弁護士による「取締役責任調査委員会」を設置。調査委は8日、八木氏や岩根茂樹前社長ら計5人が取締役としての注意義務に違反し、関電に計約13億円の損害を与えたと認定した報告書を取りまとめた。関電はこれに調査費用などを加えた金額を賠償請求する見通しだ。
 関電筆頭株主の大阪市の松井一郎市長も提訴を求めている。

関連キーワード

PR情報

経済の最新ニュース

記事一覧