れいわ新選組 山本太郎氏が出馬表明 東京五輪の中止を公約 

2020年6月16日 07時02分

東京都知事選への立候補を表明するれいわ新選組の山本太郎代表

 れいわ新選組の山本太郎代表(45)が十五日、任期満了に伴う東京都知事選(十八日告示、七月五日投開票)に党公認で出馬すると表明した。東京・永田町の参院議員会館で会見し、東京五輪・パラリンピック中止や全都民への十万円給付を訴えた。「コロナ災害で苦しんでいる人たちに金を出す。やれることを最大限やっていく」と述べた。 
 都知事選を巡っては、再選を目指す現職の小池百合子氏(67)、立憲民主、共産、社民が支援する元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、日本維新の会が推薦する元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)らが出馬表明しており、選挙の主な構図が固まった。

山本太郎氏

 山本氏は、高校や大学の授業料一年間免除など、十五兆円規模の新型コロナウイルス対策で、損失を受けた人たちの生活を底上げし、次の自粛に備えると強調した。宇都宮氏との競合で小池都政への批判票が分散する可能性があるが、知名度を生かして無党派層に働き掛け、「小池さんの票を狙っていく」と話した。
 山本氏は二〇一三年七月、参院選東京選挙区で初当選。自由党共同代表などを経て、一九年四月、れいわ新選組を立ち上げた。同七月、参院選に比例代表から出馬し九十九万票超を得たが、新設の「特定枠」で立てた二人が優先的に当選したため自身は落選した。
 (土門哲雄)

関連キーワード

PR情報