金正日総書記の銅像に市民ら献花 平壌市、マスク着用続く

2020年6月19日 17時47分 (共同通信)
 「万寿台の丘」で献花するマスク姿の市民=19日、平壌(共同)

 「万寿台の丘」で献花するマスク姿の市民=19日、平壌(共同)

  •  「万寿台の丘」で献花するマスク姿の市民=19日、平壌(共同)
  •  「万寿台の丘」に献花に訪れたマスク姿の軍人=19日、平壌(共同)
 【平壌共同】北朝鮮は19日、故金正日総書記が朝鮮労働党中央委員会で活動を始めたとされる日から56周年の記念日を迎えた。故金日成主席と金正日氏の銅像が立つ平壌中心部の「万寿台の丘」には朝から軍人や市民らが訪れて献花した。
 平壌では気温が上がり、日傘を差す女性も多く見られた。新型コロナウイルス予防のためのマスク着用は続いている。

関連キーワード

PR情報

国際の最新ニュース

記事一覧