<法律お助け隊 滝沢香弁護士> 遺産分割、協議前に手続き可能か

2020年6月20日 08時18分
<お悩み> 父から相続した自宅の土地の隣に、遺産分割がされていない祖父名義の土地があります。相続人は私のほか、高齢の伯父と、父の妹の叔母です。伯父は私が譲り受けることに同意していますが、叔母は話し合いに応じてくれません。伯父との間だけでも相続の手続きは可能でしょうか。 (埼玉県・男性58歳)

◆自分の持ち分は譲渡OK

<お答え> 遺産分割は本来、相続人全員で話し合う必要があります。まとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てるのが一般的です。
 ただし遺産分割協議をしなくても、相続財産を譲り受ける方法はあります。遺産分割前の相続財産について、相続人には法定相続分に応じた持ち分が与えられており、自分の持ち分は第三者に譲渡することができるからです(民法九〇五条)。
 このため、叔母の同意なしで、伯父の法定相続分を譲り受けることができます。伯父は持ち分を手放すのですから、遺産分割協議に加わる必要はありません。譲渡人(伯父)の署名と実印を押した相続分譲渡証明書を作り、印鑑証明書を添付してもらえばいいです。
 注意点もあります。あなたや叔母が伯父の相続人でもあれば、伯父の取り分を無償で譲り受けることは遺産を先に受け取ったとみなされ、「贈与」にあたる可能性があります(最高裁二〇一八年十月十九日判決)。
 譲渡されて十年以内の財産で、住宅など「生活に必要な資本」の場合、該当します(民法九〇三条一項、同一〇四四条三項)。伯父の遺産分割を協議する際、生前に譲り受けた持ち分を含め、あなたが受け取る遺産が決まります。
 例えば、あなたと叔母の法定相続分が一対一で、死亡時の伯父の財産が六百万円、祖父の土地に関する伯父の持ち分が二百万円だったとします。あなたは持ち分二百万円を受領済みとされ、伯父の財産は二百万円しか受け取れないことになります。
 このため、相続分を譲り受ける際には、財産の内容や価格を調査し、法律家の相談を受けるのがよいでしょう。

関連キーワード

PR情報

悩みの小部屋の新着

記事一覧