千葉県の海水浴場、今夏はゼロに 「感染防止対策が困難」と

2020年6月20日 14時12分

海水浴場の開設中止が決まっている千葉県一宮市の一宮海岸

 千葉県南房総市と勝浦市、鴨川市は十九日、今夏の海水浴場開設の中止を決めた。三市は、これまで海水浴場を開設する方向で検討していたが、県内すべての海水浴場が開かれないことになった。新型コロナウイルスの影響で、神奈川県内のすべての海水浴場など周辺地域で開設中止が相次ぎ、方針を変更した。
 南房総市は当初、昨年の台風被害を受けた地元観光業界の要望を受け、一部開設を検討。だが、県内外から多くの来訪者が予想され、海水浴場への入場がコントロールできず、感染防止対策が困難だと判断した。市はライフセーバーを配置せず、市職員らが浜辺周辺を巡回する。 (山田雄一郎)

関連キーワード

PR情報