成田空港周辺市町の小中学生に、全日空が「空の贈り物」 チョコパイ2万個

2020年6月22日 07時24分

相川勝重町長(右)にチョコパイの入った段ボールを手渡す佐藤道雄副支店長=芝山町役場で

 全日本空輸成田空港支店は「空の贈り物」として、新型コロナウイルスで運休している国際線の機内で配るはずだったロッテのチョコパイ2万個余を、成田空港周辺の成田市と多古、横芝光、芝山、栄の各町の小中学生にプレゼントした。
 芝山町役場で17日、佐藤道雄副支店長が約800個を届け、「町の子どもたちに食べてもらい、飛行機に乗った気分で楽しい一時を過ごしてほしい」と話した。相川勝重町長は「子どもたちの喜ぶ顔が目に浮かぶ」と感謝した。
 チョコパイは、全日空の羽田発ソウル(金浦)行きの機内で軽食として提供しており、空をデザインしたオリジナルパッケージとなっている。 (小沢伸介)

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧