「特急あさま」色鮮やかに 塗装修繕終わる 安中・碓氷峠鉄道文化むら

2020年6月22日 07時50分

お色直しされた展示車両「特急あさま」=安中市の碓氷峠鉄道文化むらで

 JR横川駅に隣接する「碓氷峠鉄道文化むら」(安中市松井田町横川)で、屋外に展示保存している車両「特急あさま号」の塗装修繕が完了した。
 お色直しされたのは旧JR信越線上野(東京都)−長野(長野県)・直江津駅(新潟県)を結んだ189系の特急あさま号。
 1997年の長野新幹線開業に伴い、横川−軽井沢駅(長野県)間が廃止され、役目を終えた。
 風雨にさらされて色があせ、赤さびも浮かんでいたが、1月からの作業で「あさま色」と称されるモスグリーンとグレーの帯が色鮮やかによみがえった。
 修繕の費用は碓氷峠麓の住民から寄せられた善意が充てられた。7月にお披露目の記念イベントを予定している。 (石井宏昌)

関連キーワード

PR情報

群馬の新着

記事一覧