<新型コロナ>部活動 やっぱり楽しい 県立校で通常登校始まる

2020年6月23日 07時12分

消毒液を用意した体育館で練習するバスケットボール部の生徒たち=いずれも川口市の県立川口北高で

 新型コロナウイルスの影響で分散登校を実施していた県立学校で22日、通常登校が始まった。マスク着用や消毒など感染予防対策を続けながら、部活動も再開。生徒からは久々の活動を喜ぶ声が上がった。コロナ禍で一変した日常の学校風景が少しずつ戻ってきた。(近藤統義)
 川口市の川口北高校(生徒数約千七十人)は一〜十九日まで段階的に登校日数を増やし、学年ごとの分散登校を実施。この日から全学年がそろい、「生徒も保護者も不安を抱えていると思うが、まずはスタートを迎えられてほっとした。学習やメンタル面のフォローが今後さらに必要になる」と長谷川弘教頭は話す。
 部活動は県教育委員会のガイドラインに従い、週三回、一回六十分程度の活動から再開。体育館には消毒液や換気用の扇風機を置き、密集状態にならないよう男女の時間を分けて練習した。内容も長期休校による体力の衰えを考慮し、負荷の少ないメニューにした。
 女子バスケットボール部主将の三年上沼実莉(みのり)さん(17)は、久しぶりに仲間と汗を流し、「本当にバスケが楽しいと感じる」と充実感をにじませた。選手同士のハイタッチは避け、練習後はボールの消毒などを徹底するという。
 文化部も工夫を凝らす。演劇部は視聴覚室に入部を考えている新入生を招いて、「銀河鉄道の夜」の公開稽古を行った。生徒たちはマスク姿で演じ、観客の座席には密集して座らないための張り紙も。当面は大声を出す発声練習は控えるという。
 生徒たちは休校中もLINE(ライン)の電話機能でせりふの読み合わせをしてきたが、「舞台に立ち、人前で演じる快感はやっぱり違う」と部長の三年斉藤匠さん(18)。春の自主公演が中止になったまま三年生は今月末で「引退」するため、入試が落ち着いた卒業前に記念の公演を計画している。

マスク姿で稽古に励む演劇部の生徒たち

関連キーワード

PR情報

埼玉の最新ニュース

記事一覧