藤井聡太七段、王位挑戦権を獲得 最年少VS最年長の戦いに

2020年6月23日 21時07分
 将棋の第61期王位戦(東京新聞主催)の挑戦者決定戦が23日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、先手番の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が永瀬拓矢二冠(27)=叡王、王座=に127手で勝ち、木村一基王位(47)への挑戦権を獲得した。
 昨年、史上最年長で初タイトルを獲得した木村王位に対し、約30歳年下で史上最年少での初タイトル獲得を目指す藤井七段が挑む構図となった。「最年長」対「最年少」の戦いとして、注目の7番勝負となる。
 藤井七段の王位挑戦は初めて。7番勝負は7月1、2日、愛知県豊橋市で開幕する。9月下旬の第7局まで、全国を転戦する予定。
 藤井七段は8日、棋聖戦5番勝負にも出場し、タイトル挑戦の最年少記録を更新している。7月からは王位戦と棋聖戦を並行して戦うことになる。そのどちらかで勝つと、屋敷伸之九段(48)が持つタイトル獲得の最年少記録(18歳6カ月)も塗り替える。
 藤井七段は2002年、愛知県瀬戸市生まれ。杉本昌隆八段門下。16年、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。デビューから無敗のまま、歴代最多の29連勝を達成した。18年、朝日杯将棋オープン戦で一般棋戦優勝の最年少記録を達成。同年、史上最年少で七段に昇段した。

関連キーワード


おすすめ情報

囲碁将棋の新着

記事一覧