東村山・北山公園 名所のハナショウブ、南青山へ きょうまでPR展示

2020年6月24日 07時04分

Hondaウエルカムプラザ青山内の植栽に飾られたハナショウブ=港区で(東村山市提供)

 東村山市の北山公園で開花したハナショウブが、港区南青山のホンダ本社ビル1階の「Hondaウエルカムプラザ青山」に飾られている。24日まで。
 北山公園は、6月ごろに10万本が咲き乱れるハナショウブの名所として知られる。例年、見ごろの時期に「東村山菖蒲(しょうぶ)まつり」が開かれ、市が切り花などを販売しているが、今年は新型コロナの影響で中止になった。公園は開園している。
 市は来年以降、ハナショウブを民間の店舗でも販売しようと、花店を運営する企業「パーク・コーポレーション」と5月に覚書を締結。同社がウエルカムプラザの一角のデザインを手掛けているため、北山公園の認知度の調査とPRを兼ねてハナショウブを展示することになった。
 渡部尚市長は22日にプラザを訪れて鑑賞し「花の流通につながれば」と期待した。(林朋実)

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧