<小池百合子さんの横顔> さまざまな課題 発想転換に 

2020年6月25日 11時50分
 
 参院、衆院を合わせ国会議員を約24年務め、環境相と防衛相を歴任した。そして4年前に都知事に当選。「知事である今は、国会議員時代より忙しいが、やりがいが全てに勝る」
 環境相などと違い、「全ての分野が業務の対象」。だから、「さまざまな課題に取り組めて、発想の転換にもなる」と評し、再選への意欲をにじませる。
 尊敬するのは、関東大震災後の街づくりに尽力した東京市長だった後藤新平。「リーダーたる者、大きな政策を着実に実行することが大事」と自らを重ねる。
 趣味は掃除。「ステイホーム週間」には自宅で「猛烈に」没頭した。もう一つの趣味、けん玉では体を動かしながら「徹底的な集中力」を養っている。
 同居する愛犬・ヨークシャーテリアの「そうちゃん」の話には、表情も緩む。「18年間の大切な相棒。ちゃんと会話もします」 (小倉貞俊)

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧