<否決 県民投票 東海第二原発再稼働>(下) 署名の重み、受け止めて

2020年6月26日 07時10分

娘を抱きながら「県議会の議論は結論ありきだった」と話す羽田香織さん=石岡市で

 「署名集めで多くの人の意見を聞き、県議会に届けたいと思っていたのに、議論は結論ありきに見えた」
 日本原子力発電東海第二原発(東海村)の再稼働の賛否を問う県民投票条例案が二十三日の県議会であっさりと否決され、石岡市の主婦羽田(はだ)香織さん(36)はそう悔しさをにじませた。
 今年一月上旬から二カ月間、投票条例制定を大井川和彦知事に直接請求するための署名を集める「受任者」の一人として奔走した。
 活動のきっかけは、都内に勤務していた頃に、二〇一一年の東京電力福島第一原発事故を経験した知人から聞いた話だった。地域間で補償に差があったり、事故でなりわいを失ったりした話を聞き、「同じことがここでも起こり得る」と感じた。
 昨年五月に生まれた長女の存在も大きかった。幼い子どもは、素足で外に出たり、土や草も口にしたりするが、「事故があったら、全部駄目と言わなければならず、不自由だと思った」。そうした問題意識が芽生え、東海第二原発について詳しいことは知らなかったが、「いばらき原発県民投票の会」の活動に加わった。
 仲間たちと一緒に、石岡市内のスーパーや公民館、市役所、農産物直売所の前に立った。近所の商店街では、娘を背負いながら戸別訪問し、計六カ所で五十筆ほどを集めた。
 「原発の署名集め」と言うと、再稼働反対運動と捉えられ、断られることもあった。署名は拒否しつつも、再稼働への考えを話し始める人もいた。そうした人たちに「県民の考えを反映させるための活動なんです」と説明すると、一転して署名してもらえたケースもあった。
 「再稼働に対して、みんな思っていることはあるが、なかなか言う機会がない。自分の気持ちを聞いてもらいたい人が多いと感じた」と振り返る。
 羽田さんら受任者三千五百五十五人が県内を駆け巡り、法定必要数の一・七八倍に当たる八万六千七百三筆の有効署名を集めた。だからこそ、県議会には署名した多くの人の思いを受け止め、真摯(しんし)に向き合ってほしかったが、実質的な審議はわずか一日だった。
 羽田さんは「否決は想定していたが、多くの人が原発について意見を言える機会をつくることができ、活動が無駄だったとは感じない」と前を向く。ただ、「参考人招致では、私たちのテーマとずれた人が呼ばれていた」とわだかまりは残る。
 ひたちなか市で署名を集めたデザイナー徳光千春さん(40)も「意見を聞いてもらえると信じて取り組んできたのに」と県議会に不満を募らせる。「どうしたら、私たちの意見を聞いてもらえるのか」。今も答えを求めている。
 県民投票の会の徳田太郎共同代表(47)は、県議会の議論について「非常に多くの事実誤認や、論理的に筋が通らない、きちんとした理由を伴わない主張があった」と指摘する。
 審議経過を検証するため、県民投票の会は二十四日、全県議を対象に賛否の理由を尋ねるアンケートを始めた。
 七月一日までに記名式で回答を求め、五日に水戸市千波町のザ・ヒロサワ・シティ会館(県立県民文化センター)で開催するシンポジウムで結果を発表する。条例案に反対した最大会派のいばらき自民をはじめ、全会派の議員に参加を呼び掛ける。
 徳田さんはこう訴える。「これだけ県民の関心が高かった条例案。どういう思いでその結論に至ったか、全ての議員に説明責任を果たしてほしい」(この連載は宮尾幹成、松村真一郎が担当しました)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧