リニア、27年の開業延期へ 静岡県とJR東海のトップ初会談は物別れ

2020年6月27日 06時00分
リニア中央新幹線建設について会談するJR東海の金子慎社長(右)と静岡県の川勝平太知事=26日午後、静岡県庁で(代表撮影)

リニア中央新幹線建設について会談するJR東海の金子慎社長(右)と静岡県の川勝平太知事=26日午後、静岡県庁で(代表撮影)

  • リニア中央新幹線建設について会談するJR東海の金子慎社長(右)と静岡県の川勝平太知事=26日午後、静岡県庁で(代表撮影)
  • 静岡県の川勝平太知事との会談を終え、記者の質問に答えるJR東海の金子慎社長(右)=静岡県庁で
 JR東海の金子慎社長は26日、静岡県庁を訪れ、リニア中央新幹線建設を巡る水資源の問題で対立する静岡県の川勝平太知事との初会談に臨んだ。金子氏は6月中に静岡工区の準備工事に着手できなければ、予定の2027年開業が困難になるとして同意を要請したが、川勝氏は認めず物別れに終わった。JR東海は事実上の期限としていた月内着工を断念し、来週にも開業の延期と計画の見直しを表明する見通しとなった。 
 総額9兆円超の総工費を投じる国家的プロジェクトは着工から6年で正念場を迎えた。神奈川県や山梨県など沿線の自治体や企業は、開業に間に合うように駅予定地周辺の開発を進めているが、延期になれば影響は大きい。東京・品川―名古屋間の開業遅れで、37年にも予定する名古屋―大阪間の延伸時期も見直される可能性がある。
 会談で金子氏は「(国や各自治体から)開業の期待を背負っている」と早期着手の必要性を訴えた上で「水の問題について、しっかり対応していく」と理解を求めた。川勝氏は「リニア自体に反対しているわけではない」としつつも「環境と両立するかを考えなければならない」と応じた。「環境保全のための条例にかかる話だ。専門部会を開く」と、同意は条例をクリアする必要があると言明した。
 川勝氏は会談終了後、記者団にJRが求めている準備工事は「本体工事と一体であり、認められない」と従来通りの考えを明らかにした。金子氏は会談中、数回にわたって準備工事着手の可否を質問したが、川勝氏は明確な回答を避け続けた。
 リニア建設を巡っては、南アルプスを貫くトンネルの掘削工事に伴い、大井川の流量が減少することを懸念する静岡県が建設に反対し、静岡工区が未着手となっている。国土交通省が仲介役となって有識者会議が設置され、現在も環境対策について議論している。
 川勝氏は今月11日にリニア建設に関わる予定地や林道を視察。16日には流域自治体の首長と意見交換会を開き、準備工事を認めない方針で一致した。
 会談は県のウェブサイトで異例のリアルタイム配信された。
 リニアは最高時速約500キロで東京・品川から名古屋まで最速40分、大阪まで最速67分で結ぶ。

関連キーワード

PR情報