コロナの抑え込みはできてる? 小池氏以外の3氏は「×」 都知事選オンライン討論会

2020年6月28日 05時50分

インターネットを利用して行われた都知事選候補者の討論会=YouTubeから

 7月5日投開票の東京都知事選の候補者4人が27日、ネットメディア主催のインターネット番組に招かれ、新型コロナウイルス対策などをテレビ会議方式で討論した。
【関連記事】2020 東京都知事選の記事 まとめました

 参加したのはれいわ新選組代表の山本太郎さん(45)、現職の小池百合子さん(67)、元日弁連会長の宇都宮健児さん(73)、元熊本県副知事の小野泰輔さん(46)。ジャーナリスト津田大介さんが司会を務めた。主催者の10の質問に「○」や「×」で答える場面で、新型コロナの抑え込みが成功しているかには、小池さん以外は「×」とし、東京五輪・パラリンピックの開催やカジノ誘致の賛否などは意見が分かれた。
 候補者同士の質疑では、小池さんに2人が質問。小池さんは、山本さんから都として就職氷河期世代を雇用するかを問われ、「(休業要請に応じた事業者への)協力金の事務作業で、大学生らも含め600人採用した」と回答。宇都宮さんが尋ねた築地市場の豊洲移転の是非については「豊洲市場が活発化するよう、応援する。築地を守るのも当然」と答えた。
 一方、宇都宮さんは、小池さんから問われた感染対策と両立した景気回復策について「PCR検査を徹底してやる。そうしないと安心した経済活動もできない」と回答。山本さんは、新型コロナ対策で都債15兆円を発行する公約を小野さんに「かなり厳しい」と指摘されたことに、「都の資金調達の余力を総務省に確認した。財政健全化を担保しながらやっていける」と訴えた。
 主催者によると、テレビ会議の画面に一度に映せる人数の関係で、候補者を4人に絞った。NHKから国民を守る党党首の立花孝志さん(52)らは呼ばなかった。
 番組は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の「Choose Life Project」。(福岡範行)

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧