花と緑に心癒やされ 町田ダリア園オープン

2020年6月28日 07時03分

町田ダリア園で花を楽しむ来園者=いずれも町田市で

 町田市の「町田薬師池公園四季彩(しきさい)の杜(もり)」内で二十七日、町田ダリア園がオープンした。新型コロナ感染防止のため開園イベントは取りやめとなったが、家族連れや写真愛好家らが次々と訪れ、ピンクや白などさまざまな色の花を楽しんだ。 (服部展和)
 敷地面積は約一万五千平方メートルで、約五百品種、四千株のダリアが植えられている。園によると、今年は適度に雨が降ったことから順調に成長し、全体の二割ほどの早咲きの品種が花を付けている。七月後半と十月前半に最盛期を迎えるという。
 家族六人で訪れた神奈川県座間市の主婦堤真佐子さん(75)は「家にいることが多かったけれど、久しぶりにきれいな花を見られてよかった」と笑顔を見せた。
 十一月三日まで無休で開園し、期間中にブルーベリーの摘み取り体験やガイドツアーなどのイベントがある。七月末まで、品種改良で誕生した赤い大輪のダリアの名前を募集している。
 入園料は大人五百五十円、中学生以下無料。問い合わせは同園=電042(722)0538=へ。

◆四季彩の杜・西園

西園の広場でピクニックを楽しむ家族連れ

 四季彩の杜内で4月に一部オープンし、今月8日に屋内施設を含めて全面オープンした西園も27日、にぎわっていた。
 町田産の食材を使った料理やソフトクリームを味わえるカフェ・レストランには、間隔を空ける来園者の行列ができていた。芝生の広場では、ピクニックをする家族連れの姿が。6人で訪れた川崎市の会社員高崎智さん(38)は「緑が豊かで気持ちいい」と話した。
 7月13〜27日は、サッカーJ2・FC町田ゼルビアのTシャツなどがもらえるウオーキングイベントがある。11月まで、テントや道具を借りてバーベキューを楽しむ「グランピング」(要予約)も実施している。

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧