プッチャリンさん、4カ月ぶり浅草へ パフォーマンス再開

2020年6月28日 07時08分

浅草の街頭で、医療従事者のための募金活動をするプッチャリンさん(左)ら=台東区で

 新型コロナウイルスの影響で活動を休止していた浅草芸人のプッチャリンさん(70)が二十七日、街頭でのパフォーマンスを四カ月ぶりに再開した。
 浅草の繁華街に現れたプッチャリンさんは、いつもの喜劇王・チャプリンそっくりの装い。獅子舞の江差家笑光(えさしやしょうこう)さん、江戸芸かっぽれの桜川后葉(こうよう)さんと一緒に街を練り歩いた。
 この日は好天に恵まれ、一行は「疫病対策で厄払い」とアピールして、街角で獅子舞を披露。医療従事者への募金活動も行った。
 感染防止のため、観光客らと距離をとり、ひげと口を描いたマスク姿での行動だったが、「やっぱり浅草は浅草」と、プッチャリンさんの表情は生き生き。十五年前からプッチャリンさんの写真を撮り続ける鈴木幸次さん(72)=葛飾区立石=も駆けつけ、「心配していたが、元気で良かった。にぎわいもあるし、プッチャリンさんの復活で、浅草らしさが戻ってきたね」と話していた。 (井上幸一)

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧