介護保険20年(No.1451)

2020年4月5日 02時00分
 創設から20年となる介護保険は高齢化する日本にとって欠かせない制度です。この間、要介護認定者数、自己負担も含めた介護総費用は3倍以上に増えました。保険料が上昇する一方、特別養護老人ホームの入所待機問題など、サービスを十分に受けられない「保険あてサービスなし」との指摘もあります。人材不足のうえに、介護を理由とする離職も年間10万人にのぼります。果たして創設の理念は達成されているのでしょうか?

関連キーワード

PR情報