箸と日本人(No.1452)

2020年4月12日 02時00分
 世界的に注目される「和食」をいただくうえで欠かせない箸(はし)。長い歴史の中で日本人は食材を箸で食べやすいように切り、使い手が料理を楽しめるように職人は多様な箸を作り続けてきました。スプーン、フォークなどの道具に比べて多くの役割を持つ箸と日本人との深いつながりについて図解します。
※著作権上の理由で、バックナンバーの販売はできません

関連キーワード

PR情報