「新聞配達員のマスク外しにご理解を」熱中症対策で新聞協会

2020年6月29日 21時06分
 日本新聞協会販売委員会は、新聞販売店の従業員が配達時など屋外で作業する際にマスクを外すことについて、読者や付近の住民に理解を求めるメッセージを出した。熱中症対策の一環。
 委員会によると、全国の新聞販売店では新型コロナウイルス感染予防のため、マスクの着用や手洗いの徹底などの対策を取っている。「新聞配達員は屋外で周囲に人がいない場合などにマスクを外すことがある」と断ったうえで、集金など他人との距離が近くなる場面では着用し「読者の安心と安全に配慮」するとしている。
 熱中症対策では、日本郵便や大手宅配業者もマスクを外して業務する場合があると明らかにしている。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧