外食文化のルーツ(No.1439)

2020年1月12日 02時00分
 江戸時代は外食が盛んになり、今でいう「ファストフード」「デリバリー」といった食のスタイルができた時代でした。急速なインフラ整備が求められ、単身赴任の男たちが集まったため、江戸では手軽に食事ができる屋台や、野菜、魚、総菜などを長屋の狭い路地にまで売りに来る行商が日常の光景になりました。現代との共通点も多い江戸の庶民の食生活を図解します。

関連キーワード

PR情報