<コロナと生きる@いばらき>水戸の50代男性陽性 県内感染者174人に

2020年6月30日 07時23分

 水戸市は二十九日、市内在住の五十代会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市内で感染者が明らかになったのは五月三日以来で、十一人目。県内の感染者は計百七十四人となった。
 市によると、男性は六月二十四日から発熱や全身の痛みなどの症状があった。二十九日に、市保健所のPCR検査で陽性が判明したため、入院した。症状は軽い。市は、濃厚接触者や行動歴などについて調べている。
 また、県は二十九日、新型コロナウイルスに感染していた二人の治療を終えたと発表した。
 県によると、二人のうち、一人が退院し、一人は別の疾患があるため、引き続き入院する。退院などは計百五十五人になった。(水谷エリナ、鈴木学)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧