富士山 茶ビール あすから販売開始 みくりや酒倶楽部

2020年6月30日 07時31分

ビールに御殿場産のお茶を混ぜた「富士山 茶ビール」

 御殿場市の酒販店でつくる「みくりや酒倶楽部」は七月一日から、ビールに御殿場産の煎茶を混ぜた新商品「富士山 茶ビール」を市内の酒販店などで販売する。
 富士山茶業組合が商品開発に協力し、茶を無償で提供。三百三十ミリリットル入りを一万本製造し、瓶のラベルには御殿場市から見た富士山などをプリントした。市内の酒販店やコンビニなどで販売し、価格は三百八十円(税抜き)。市はふるさと納税の返礼品にも加える。
 二十九日に市役所で関係者が会見を開き、同倶楽部の嶋田康一会長は「鼻の奥にお茶の香りが残り、余韻に苦味がある」と味の特徴を説明。
 富士山茶業組合の小野盛久前組合長は「地元のお茶の新しい楽しみ方を提案してもらい、ありがたい」と話した。(佐野周平)

関連キーワード

PR情報