コロナ太り、歩いて解消 日本ウオーキング協会「2キロを30分で、水分補給しながら」

2020年6月30日 07時35分

週末は密を避けて遠出するのもいい=一般社団法人・日本ウオーキング協会提供

 新型コロナウイルスによる外出自粛が続いて運動不足気味の人もいるのではないだろうか。そんな人に「ヘルスウオーキング」がお勧めだ。一般社団法人・日本ウオーキング協会(東京都文京区)の井上成美・事業統括専務理事に聞いた。(藤英樹)
 「コロナの影響で生活習慣病のリスクやストレスが高まっている」と井上さん。
 同協会が認定する「健康ウオーキング指導士」テキストによれば、ヘルスウオーキングとは「脚力の強化や、循環器系の強化やダイエットなど健康を目的としたウオーキングで、歩く時間や距離を決めて計画的に、定期的に歩く」こととある。井上さんは「自宅の最寄りの駅やバス停ではなく、一つ先の駅やバス停まで歩く。これがヘルスウオーキングの考え方」と言う。
 最近は歩数メーターを持って歩数を意識する人が増えているが、井上さんは「無意味ではないが、歩数は絶対的なものではない。例えば坂道を上る場合なら一万歩は必要ない」と指摘。歩く時間や速度によって運動量は変わる。
 標準的な成人がゆっくり歩くペースは時速約四キロ、普通に歩くなら約五キロ、早歩きなら約六キロ。中高年のヘルスウオーキングは時速四〜七キロがお勧めという。幅を持たせているのは個人差が大きいから。スポーツ歴や筋肉の質などによって変わる。
 「できれば朝食後の約三十分、二キロを汗をかくくらいに。森や川、都内なら公園のあるコースがよい。夏場は熱中症予防にウオーキング前とウオーキング中の水分補給が大事。マスクをすると口が乾きにくいので定期的に補給して」とアドバイスする。
 休日は気分転換を兼ねて少し遠出してみてもよい。「家族や友人と十〜三十キロのコースを歩いてみては。江戸の古地図を頼りに歩くなど趣味を絡めても」と勧める。
     ◇
 農林水産省は農村文化・景観の残る「水土里(みどり)の路(みち)ウォーキングコース」を推奨している。全国に百四コース、関東地区には三十二コースある。農水省のホームページで「ウオーキング」で検索できる。距離は数キロから十数キロまでさまざま。東京都内には「向島用水から谷保(やぼ)天神」(十五キロ、日野、府中、国立市)と「府中用水の散策と大丸用水でのもぎ取り体験(梨)」(十二キロ、国立、府中、稲城市)の二コース。

関連キーワード

PR情報

ライフの最新ニュース

記事一覧