千葉は新たに7人感染 宣言解除後で最多、松戸や市川など 

2020年6月30日 19時14分
 千葉県内では30日、新たに7人の新型コロナウイルスへの感染が発表された。1日に7人の感染の発表は、政府の緊急事態宣言が解除された5月25日以降最多。
 感染したのは、いずれも松戸市の30代男性の介護職員と会社員。都内で飲食業を営む市川市の70代女性、野田市と佐倉市のそれぞれ30代の男性会社員、木更津市の20代の無職女性。柏市の50代の男性会社員。
 松戸市の介護職員は県内の高齢者施設勤務で、濃厚接触者は数十人いるとみられる。市川市の女性は、県外感染者の濃厚接触者。佐倉市の男性は、都内感染者の濃厚接触者。柏市の男性は、市が既に感染を発表した20代無職女性の父親。残り4人は感染経路不明。

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧