日航国内線、66%運航へ 7月後半、コロナの影響縮小

2020年6月30日 20時31分 (共同通信)
 日本航空は30日、7月後半の国内線の運航便数をグループの当初計画比で66%に増やすと発表した。前半は53%としており、新型コロナウイルスの影響による減便規模はさらに縮小する。運休していた関西―札幌(新千歳)や秋田―新千歳、鹿児島―松山など計10路線が再開。運休が続くのは成田―中部や福岡―花巻など5路線となる。
 計画比の運航便数は、5月に30%を割り込んだ時期があった。日航によると、都道府県をまたぐ移動自粛の解除により、7月後半の需要は前年の同時期に比べ5割程度まで回復する見通しだという。

関連キーワード

PR情報

経済の最新ニュース

記事一覧