<新型コロナ>セガサミー野球部がマスク3000枚を寄贈 八王子市社会福祉協議会に 

2020年7月2日 07時43分
 八王子市を拠点に活動する社会人野球のセガサミー野球部から、同市社会福祉協議会にマスク三千枚などが贈られた。
 野球部は、市内の児童養護施設訪問や、昨秋の台風15、19号の被災時に部員がボランティア活動をした縁で協議会とのつながりができ、グループ会社のサミーがパチンコ・パチスロホール用に製作したマスクなどを、ボランティア団体で使ってもらうことにした。
 一日に同市横山町の市ボランティアセンターで贈呈式があり、佐藤俊和ヘッドコーチと森井絃斗(げんと)投手から協議会の豊田聡常務理事にマスクが手渡された=写真。佐藤コーチは「これからも地元としっかりつながり、市民に愛されるチームになっていきたい」、豊田常務理事は「気持ちをありがたく受け取り、子ども関連の支援団体に配りたい」と話した。

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧