米国白人社会 トランプに熱狂する心理(No.1372)

2018年9月23日 02時00分
 「アメリカを再び偉大に」―。トランプ大統領が一貫して訴えてきたのは、白人が優位だった時代の回復です。米国の白人はいま、減少の一途。移民急増に伴い、人口の大半を占め豊かでいられた時代が終わるのではという地方の白人労働者層の危機感が、差別的言動の大統領の支持につながる背景を紹介します。

関連キーワード

PR情報