改善求められる障害者雇用(No.1362)

2018年7月15日 02時00分
 多様な社会が求められているなか、障害者の雇用は十分とはいえません。従業員に占める障害者の割合を示す雇用率は上昇している一方、障害者のうちどれくらい働いているのかを表す就労率を見ると日本は世界的に見ても低い水準です。なぜ、就労が進まないのか?2018年4月から精神障害者も雇用義務化の対象になった現在、考えてみます。

関連キーワード

PR情報