ようこそ!マイホームタウン 西田尚美 × 新宿

2014年5月14日 09時00分

今月の街先案内人

今日のゲストは女優の西田尚美さん。広島で高校を卒業したあと、ファッションの流通について学ぶために上京してきた西田さん。そのときの学校が「新宿」にあったため、学生時代のほとんどを新宿で過ごされたそうです。モデルから女優と活躍の場を広げた、彼女のキャリアの原点でもある「新宿」の魅力を、当時のエピソードやおすすめスポットを交えて、伺いました。

誰だって“仲間”として迎え入れてくれる街「新宿」

「上京してきたばかりのころは、自分の家と学校の行き来だけでした。新宿は街自体がとても広いので、いつものルートを外れてしまうと、すぐに迷子になってしまうんです。しばらくして、少しずつ自分の行動範囲を広げていくという、お上りさん丸出しの生活でしたね。」
と上京時を振り返る西田さん。当時は新宿の靴屋さんでアルバイトをされていたのだとか。

「新宿は私にとって青春の街です。お金はないけど、夢だけはたくさんあった(笑)。そんなガムシャラな気持ちで過ごしたアノ時代があるからこそ、今の私があるんです。」


「当時は貧乏でしたから、モデル事務所にも登録して、かけもちでアルバイトしていました。でもモデルのお仕事はオーディションを受けないといけないので、実際に仕事が決まる前にも時間を取られるんです。かといって、他のアルバイトをあまり休むわけにもいきません。どうしようかと思っていたら、隣のショップの店員さんが『2時間くらいなら代わりに店番してあげるから、行っておいで』って声をかけてくれたんです。」
お店の仲間ではなく、隣のお店というのが今ではありえない話しですね…。
「案外、今でもそうかもしれませんよ?新宿は私のように上京してきた人が多い街ですから、似た境遇の人に対して優しんです。それに、日本人だけでなく海外の方も多いですから、「新宿」を依りとした仲間意識が芽生えやすいのかもしれません。」

出口の多さは、街の活力が溢れている証

「新宿は東口、西口、南口とそれぞれ街の色合いが違うのも、魅力的ですよね。でも、地下道を移動するときは、いまでも道に迷っちゃいます(笑)」


「新宿駅はとても出口が多い駅ですよね。実はいまだに迷子になるくらいなんですけど、この出口の多さこそが、街を象徴していると思うんです。ここは日本全国どころか、世界中から人が集まる繁華街です。そこには多種多様な人種や文化が交じり合って、異様なまでの活力がみなぎっています。そのパワーが、各方面へ溢れ出していくかのように、出口が存在しているように見えるんです。」
出口の多さで、新宿の活気を表現されるあたり、さすが女優ならではの観察力と表現力。そんな西田さんにとって、新宿とはズバリどんな街なのでしょう?
「一番しっくりくる表現は“青春の街”でしょうか。私にとってキャリアをスタートさせた思い出の街ですけど、今思えばあの頃は、今の自分よりもバイタリティに溢れていたと思います。それは街からの注がれる活力が影響していたのかも?とにかく人も街も活気に溢れていて、そこに近づいただけで少なからず影響をうける珍しい場所だと思います。ちなみに、今でも家族で遊びにきますよ。」
“コスモポリタン”な街
まさに全世界から人が集まる繁華街。人種のるつぼだから、文化も多種多様です。特に飲食に関しては、日本人向けにアレンジされたものから、本格的なものまで幅広く楽しめますよね。ついつい食べ過ぎてしまうのが難点ですけど(笑)
“東西南北”で顔の違う街
東西南北と、駅の出口の方角によって、街の色合いが変化しますよね。学生なら東口がオススメですし、夜遊びするなら西口とか、それぞれの個性に合わせたエリアで楽しめる街です。家族連れでも楽しめるスポットがたくさんありますよ。
“買い物から文化まで” 何でもある街
洋服から洗濯機まで何でも揃います。しかもお値打ちモノから高級ブランドまで、幅広く選べますよね。衣・食・住、そして文化と、全てがここにあるんです。新宿はとにかくフトコロが深い街。最近は昔よりもオシャレになったかな。
写真:ボクダ茂

◇新宿図鑑 西田さんオススメスポット

1)花園神社
花園神社の境内には、芸能浅間神社もあります。芸能人のひとりである私にとっては、外せないスポットです。学生時代は、この周辺で飲み歩くことが多かったので、目印としても重宝しました。
東京都新宿区新宿5-17-3 03-3209-5265
■関連リンク http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/top/

2)タカノフルーツパーラー 新宿本店
学生時代から使っているお気に入りスポットです。当時はお金がなかったから、あまり頻繁には通えませんでしたけど…。季節を感じるフルーツは、女の子なら誰だって好きですよね?これからの季節は桃がおすすめだそうです!
東京都新宿区新宿3-26-11 5F 03-5368-5147 11:00~21:00(LO 20:30) 定休日:不定休

3)紀伊國屋書店
新宿で本屋といえばココですよね。学校帰りに情報収集と称して、しょっちゅう寄り道していました。とにかく本の種類が多くて、アレコレと手を伸ばすと、帰り道とんでもない重さになっちゃうんですよね。
東京都新宿区新宿3-17-7 03-3354-0131 10:00~21:00 定休日:無休

4)新宿中村屋レストラン
新宿グルメの定番中の定番。中村屋さんではカレーといわずに、カリーと呼ぶんですけど、何でなんでしょうね?私が通っていた本店は建て替え中で(2014年11月オープン予定)、今は新宿高野ビルで『新宿中村屋レストラン』として営業しています。
東京都新宿区新宿3-26-11新宿高野ビル6F 03-3352-6167 11:00~22:00(LO 21:30) 定休日:不定休

5)ディスクユニオン シネマ館
映画のDVDやサントラCDなどをはじめ、ポスターやキャラクターグッズなど、映画にまつわる専門店です。映画好きの方なら一日居ても飽きないと思いますよ。思わぬ掘り出し物との出会いがあるかも?
新宿区新宿3-28-4 新宿三峰ビル3F 03-3352-2703 月~土曜日11:00~21:00 日祝11:00~20:00
■関連リンク https://www.youtube.com/watch?v=cd4Ayp5bU4E&feature=share

6)新宿御苑
大都会のまんなかに、こんな緑に囲まれた場所って貴重ですよね。子供といっしょに散歩するときの定番スポットです。ここから東口に向かってあるくのが、娘とのデートコース。仕事に疲れたときの気分転換にも最適だと思いますよ。
東京都新宿区内藤町11番地 03-3350-0151 ※酒類は持込禁止、遊具類は使用禁止

7)新宿バルト9
9つのシアター全てにデジタルシネマプロジェクターを完備した、新しいシネコンです。全席指定の入れ替え制で、ネットでの予約ができるし、オールナイトで上映しているから、とっても便利なんですよ。
東京都新宿区新宿3丁目1-26 新宿三丁目イーストビル9階 03-5369-4955
■関連リンク https://tjoy.jp/shinjuku_wald9

8)撮影協力 南青山 ゲストハウス ウエディング CONVIVION
チャペルも併設し、結婚式も披露宴もお洒落に演出できるウエディング会場。大人数から少人数まで幅広く対応できるので、まずは問い合わせをしてみては?
東京都港区南青山4-10-15 03-5771-4122
平日 11:30~20:00 土日祝 10:00~19:00 定休日:火曜日

◇PROFILE
西田尚美(にしだ なおみ) 1970年、広島県福山市出身。文化服装学院卒業。女性ファッション誌にてモデルとして活躍し、1993年のTVドラマ『オレたちのオーレ!』への出演をきっかけに女優に転身。『ひみつの花園』での主演を機に、親交のある矢口史靖監督の作品には、いくども登場する。現在公開中の最新作『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』にも出演。

PR情報

東京新聞ほっとWebの新着

記事一覧