東京都で新たに124人の感染確認 2日連続の3桁に

2020年7月3日 13時21分
 東京都の小池百合子知事は3日午前、都内の新型コロナウイルスの新規感染者が、2日連続で100人台に達するとの見通しを示した。都庁で報道陣の取材に明らかにした。関係者によると124人という。5月25日の緊急事態宣言解除後で最多を更新した。 (松尾博史)
 小池知事は100人規模が続くことについて「より多くの人にPCR検査を受けていただいている」「実際に陽性になった人の濃厚接触者も(検査を)受けていただいている」とし、集団検査などが進んでいるためと説明した。
 一方で「増えるときは倍々で増えていくケースがある。準備はしておこうということで、準備をさせていただいている」とも述べ、患者数の増加に備えて、引き続き病床数の確保に取り組んでいると説明した。
 都内の新規感染者は2日に107人の報告があり、2カ月ぶりに3桁となっていた。小池知事は「感染拡大要警戒の段階」として、接待を伴う飲食店など夜の繁華街への外出を控えることなどを呼びかけていた。
 都内の感染状況について、都のモニタリング専門家による1日時点の評価は「感染が拡大しつつある」としている。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧