日立市の風景クリアファイルに 市内4カ所で販売 昨年「日本夜景遺産」に

2020年7月4日 07時42分
 日立市のかみね公園から見える夜景が昨年9月に「日本夜景遺産」に認定されたことを受け、市はオリジナルのクリアファイルを作製し=写真=、市内4カ所で販売している。
 市は魅力発信のため、2017年から、日立を彩るイベントや名所のクリアファイルの販売を開始。春の風物詩「日立さくらまつり」の山車イベント「日立風流物」とかみね動物園、シビックセンターの3種類があった。
 今回加わったファイルには、かみね公園と助川山市民の森から見た夜景とともに、内側に同じ場所の昼間の風景を印刷。1枚で二つの街の表情を楽しめる。
 シティプロモーション推進課の樫村美紀主事は「クリアファイルを通して、夜景も日立市の魅力の一つだとPRしていきたい」と話した。
 販売場所は日立駅情報交流プラザ(ぷらっとひたち)、シビックセンター、かみね動物園、吉田正音楽記念館の4カ所。1枚200円。2枚買った人に1枚を贈呈するキャンペーンを実施している。1人1回限定で、各所先着50人。(水谷エリナ)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧