待ちわびたパブ再開 英イングランド、飲食店や理髪店など営業可能に

2020年7月5日 06時00分

4日、ロンドン西部イーリングのパブでビールを楽しむ客たち=藤沢有哉撮影


 【ロンドン=藤沢有哉】英国のイングランド地方で4日、飲食店や理髪店などの営業再開が可能となった。新型コロナウイルスの感染拡大で、3月下旬から休業を強いられていた。英国を象徴するパブも次々に店を開き、ロンドン西部イーリングの店舗では待ちわびた客たちが昼前からビールを味わっていた。
 店舗では感染防止のため、完全予約制にしたり、社会的距離を保つため店内のテーブルを従来の半分に減らしたりした。理髪店に行った後、友人とパブを訪れた会社員マニシュ・モハンさん(45)は「社交の場でもあるし、外出制限前は週1、2回来ていた。営業再開はうれしいし、ビールを飲んで地元のパブを支えたい」と喜んだ。
 営業再開に当たっては政府の指針に沿った感染防止策導入が必要。パブでは客が名前や連絡先を店側に伝えて入店し、興奮して叫ばないよう大音量の音楽を流すのも禁止になっている。イングランドの社会的距離は4日の営業再開に伴い、2メートルから1メートルに短縮された。

関連キーワード

PR情報

国際の最新ニュース

記事一覧