<家族のこと話そう>移民の誇り両親から 豪州大使館首席公使 ヘギョン(HK)・ユさん

2020年7月5日 07時30分
 韓国人の両親のもと、ソウルで育ちました。教育を受けたのは父(79)は小学校まで、母(74)は高校まで。貧しく、私が十一歳で豪州パースに移住した時、五人家族の全財産はバッグ五つ。父は英語を少し話せましたが、私たちは全然。それでも両親は「わが子にあらゆる機会を与えるのが親の務め」と常々話し、より良い教育環境を求めたのが移住の理由だったようです。
 パースには知人が移住していました。父は鉱山の厨房、母は缶詰工場で働き、後に夫婦でオフィスの清掃サービス会社を立ち上げました。重労働でしたが、とても仲がよく幸せそう。不平不満を一度も聞いたことがありません。
 わが家はアジアからの移民第一世代。当時、西オーストラリアは移民の子への公的な語学支援が乏しかった。英語が全くできず、転入した小学校でアイデンティティーの危機に陥りました。ソウルでは友達が多く成績もトップだったのに何一つできない。最初の数年はつらかった。何を聞かれても「イエス」しか言えず、級友は私の名を「イエス」と思っていたそうです。
 それでも先生や級友が親身に英語を教えてくれ、話せるようになると親しい友達も増えました。また両親の「意志があれば何でもできる」との教えを励みに勉強するうち、徐々に自信を取り戻していきました。
 ただ生活は苦しく、高校生だった兄が「退学して働く」と言ったことがあります。両親は「子どもが夢を諦めたら私たちも死んでしまう」と必死に説得、兄は大学へ進学し社会人に。あの時の両親の姿を思い出すと今も泣いてしまいます。
 私と弟も大学や大学院を出て、私は子どもの頃からの夢だった外交官に。働き始めてから学費を後払いする政府の「ヘックス」プログラムと、両親の無償の愛のおかげです。二人は私にとって力の源で、生涯の教師です。母からは努力の大切さと「心が美しく、親切な人を目指しなさい」と教わりました。外交官志望も「あらゆる国の人が、より良く暮らせる一助になりたい」との思いからです。
 豪州は移民国家。多様な出自の人の優れた部分を生かし発展してきました。女性や移民も輝けるのです。私のルーツはむしろ強みです。両親は「ヘギョンは私たちの誇り。人生を豊かにしてくれた」と言ってくれます。
 二人はリタイア後もパースで、趣味のゴルフを楽しんでいます。東京に招待したいけど、当分できず寂しい。五人家族での週一回のオンライン飲み会が、今の楽しみです。
<へぎょん・ゆ> 1971年生まれ、ソウル市出身。11歳の時、一家で豪州パースへ移住。91年に公務員となる。財務省、首相内閣省、外務貿易省などで要職を歴任。日本勤務は2度目で昨年11月より現職。
 聞き手・北村麻紀/写真・沢田将人

関連キーワード

PR情報