山本氏「ユリコ山強かった、高かった」 

2020年7月5日 22時07分

小池百合子さんの当確を受け、選挙戦を振り返る山本太郎さん=5日、東京都新宿区で

  山本太郎さん(45)は午後8時20分ごろ、新宿区の陣営の開票センターで支援者に頭を下げると、会見場で「いやあ強かったユリコ山。高かったユリコ山」と小池さんに白旗を揚げた。
 立憲民主党などが野党統一候補として擁立を目指すもまとまらず、告示3日前にれいわ新選組公認での出馬を表明した。事前に行った情勢調査では「一本化しても小池さんは勝てる相手でなかった」と明かした上で「私単体でやった方がリーチできない人々にリーチできると思った」と振り返った。
 選挙戦は来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの中止、総額15兆円の新型コロナウイルス対策などを公約に。ただ新型コロナ感染拡大のリスクを避けるため、多くの街頭演説は事前告知なしで実施した。力強い演説で支持を広げるスタイルを生かせず「コロナ禍で選挙をやることに無理があった」と嘆いた。
 それでも「個人商店や中小企業から『助けてくれ』という声をもらった。私が必要に感じたことと合致していた」と強調。今後については「一番近い国政にチャレンジしつつ、地方選挙と両方で準備したい」と意気込んだ。(原田遼)

PR情報

東京都知事選2020の新着

記事一覧