<ひと物語>コロナ禍 チャンスに 木製玩具製造・小松和人さん

2020年7月6日 07時12分

「ものづくりの楽しさを次世代に伝えたい」と話す小松さん=いずれも川口市で

 コロナ禍の逆風を追い風にする会社がある。社員六人の木製玩具メーカー「こまむぐ」(川口市)は、製造業では珍しいテレワークに取り組みながら、新たな商品の開発やファンの獲得に成功。インターネット販売の売り上げを大幅に伸ばした。社長の小松和人さん(39)は、確かな手応えを感じている。
 実家は鋳造用の木型を作る小さな町工場。川口の鋳物業の発展とともに、祖父が約六十年前に立ち上げた。父に次ぐ三代目となるべく入社したものの、長引く不景気で鋳物工場は次々と廃業していた。「ほとんど仕事がなかった」。わずか一年半余りで退社した。
 この先の人生をどう進むか。ヒントになったのが母が当時、工場の隣で手掛けていたベビーシッターの派遣事業だった。育児サービスと木型職人。接点がない両親の仕事がつながったら面白いのでは−。そんな発想に加え、わが子を授かった時期も重なり「子どものためのものづくり」への思いが強くなった。
 二十三歳からおもちゃ作家として歩み始め、心がけたのが「子どもの想像力で遊びが膨らむ商品作り」。例えば、ドングリの人形が坂道をトコトコと滑る姿が人気の「どんぐりころころ」は、坂の角度を変えれば動きも変化する。繰り返し遊んでも飽きず、工夫次第で楽しみ方は広がる。
 百貨店や雑貨店への飛び込み営業で全国を回り、地道に販路を広げてきた。それを一変させたのが、新型コロナウイルスだ。売り上げの九割を占める卸しの注文が、店舗の休業でほぼ消えた。代わりにネット販売が急増。四〜五月は前年同期の五倍に上った。
 その鍵はテレワークによって浮かんだアイデアにある。社員の家から家へと部材を郵送して加工を重ね、完成品に仕上げる。空いた時間を使って、自宅製作の各工程を早送りで一本にまとめた動画を会員制交流サイト(SNS)で発信。新たなファン作りにつながった。
 さらに、疫病よけの半人半魚の妖怪を「どんぐりころころ」に落とし込んだ「アマビエどんぐり」も生まれた。「自宅では作業効率が落ちる分、どうせなら手間をかけよう」と社員で意見を出し合い、細部まで着彩にこだわった新作だ。
 今後もテレワークを日常の働き方として取り入れる。「腕が立つ職人を育てる点では対面での指導より難しくなる」とジレンマも抱えるが、こうした課題を一つずつ克服すれば会社は成長する。コロナ禍で学んだ教訓は将来に生きると信じている。 (近藤統義)

コロナ禍で生まれた「アマビエどんぐり」(手前)。奥は人気商品の「どんぐりころころ」

<こまつ・かずと> 川口市生まれ。2003年におもちゃ作りを始め、16年に株式会社化。19年に社名を「こまむぐ」に改めた。直販店を兼ねた工房が同市元郷にあり、製作の様子を見学できる。「アマビエどんぐり」(3400円)はネットでの限定販売。8月には子ども向けのワークショップをオンラインで開く。

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧